YouTubeノウハウ

TikTokやインスタグラムリール・YouTubeショート機能活用も(次世代型の動画集客手法)

YouTubeの別の活用方法

この項目では、YouTubeのみならず、YouTubeでの認知を更に拡大させていく相性の良いアプリ戦略や機能をお伝えしていきます。

 

①TikTok

②インスタグラム・リール機能

③YouTube・ショート機能

 

①TikTok

 TikTokは中国のバイトダンスが運営するショート動画の共有アプリで、ここ数年世界中でブームが来ています。60秒以内の短編動画を投稿することができ、気軽に動画の投稿や閲覧をするアプリ仕様になっているため、若者を中心として大流行しています。スマートフォン全盛の時代という事もあり、縦動画での動画投稿が主流です。

 また、TikTokの特徴はその動画のオススメ表示機能にあり、オススメに動画が乗れば一気に数百万再生までいきます。

 このTikTok、実はビジネス系での相性も良いのです。最近ではお金や自己啓発、人生論などを、60秒以内の縦動画で短時間で分かりやすく発信してるビジネス系のTikTokチャンネルの人気です。

 YouTubeとの相乗効果の戦略としては、YouTubeで撮影した動画を短くTikTok用に編集したり、もしくはTikTokで撮影した60秒以内の動画を後ほど紹介するYouTubeの「ショート」機能で投稿するなどの戦略です。こうすることにより、TikTokという急激な再生数を伸ばす媒体の力を借り、短期間で認知をアップさせるという効果に加え、TikTokからYouTubeに流れてきてくれるという効果もあります。

 ただし注意点があり、TikTok上ではプロフィールやプロフィールのリンクでYouTubeを宣伝するのは良いのですが、投稿の中でYouTubeへの誘導文言やテキストがあると、制限がかかる傾向にあります。現代はスマホの過処分所得時間の奪い合いの時代です、TikTokも安易にYouTubeにアクセスを取られたくないという意向があるのでしょう。

 

②インスタグラム・リール機能

アメリカ初の写真共有型プラットフォームアプリとして誕生したインスタグラムですが、最近は動画を通してのコミュニケーションが活発です。自分の写真や動画をアップして1日で消えてしまうタイプの「ストーリー」という機能が流行ったのですが、現在はTikTokのような60秒以内の動画を投稿する機能の「リール」がこれまた大流行しています。

 YouTubeとの相乗効果の戦略としては、基本的にTikTokと同じで、YouTubeで撮影した動画を短くTikTok用に編集する、もしくはTikTok用に編集した動画をそのままインスタグラムのリールに投稿するという手があります。

 インスタグラムのリールはTikTokのが流行し過ぎて「何か手を打たなければ」と思い新しく機能を追加したという流れもあるので、TikTokの動画は相性が良いのです。

 

 

③YouTube・ショート機能

 YouTubeに新しく搭載されたショート動画(60秒以内)を投稿できる仕様の機能です。こちらも基本的にはインスタグラムと同様に、TikTokの流行に負けじとYouTube側も実装したという説が濃厚です。ショート動画の投稿の仕方は簡単で、60秒以内の動画に対して、タイトルもしくは説明欄にハッシュタグ #Shortsをつけるだけです。これをするだけで、YouTubeのショート動画として認識され、ショート動画タブにまとめられて閲覧されます。

参考・引用 YouTubeヘルプ

TikTokやYouTubeショートなどで成功しているアカウント

 例えば弁護士の「岡野タケシ弁護士」は、完全にTikTok×YouTubeショート動画での戦略に切り替えています。TikTok用に動画を投稿し、その縦動画をそのままYouTubeのショート機能に投稿して再生回数やチャンネル登録者数を急速に伸ばしています。

 YouTubeとの相乗効果の伸びもあるので、チャンネル登録者数がうなぎ登りになっているのが分かるかと思います。

 

岡野タケシ弁護士 

YouTube

 

TikTok

 

あなたの会社も、YouTubeでホームページの100倍集客しませんか?

  今更YouTubeなんて思っていませんか?ビジネス分野ではまだ圧倒的な先行者有利の市場です。ホームページやSNSの100倍以上の集客を上げるお客様が多数!今すぐYouTubeで集客を始めましょう。 今すぐYouTubeをスタートする

 

当サイトの管理人プロフィール

・ダニエル(YouTubeプロデューサー) 慶應SFC卒、元楽天MVP、(株)ダニエルズアーク代表取締役、「売れない時代にすぐ売る技術」著者 ・累計102万チャンネル登録のYouTubeチャンネル立ち上げ&プロデュース実績(30以上) ・YouTubeコンサルティング200チャンネル以上(プロデュース系 SEO1位獲得 2021年3月) ・自チャンネル月間200万円のビジネス売上