YouTubeノウハウ

サムネイルの目的とクリックされるためのデザインのコツ

サムネイルの目的

YouTubeも公式に発表している内容ですが、YouTubeは動画の内容、タイトル、説明、サムネイルなどの主要データの指標を重視しています。

 

 そして、それらのデータの成果が高い動画を、オススメや関連動画で積極的に露出したり、検索結果に表示する際に上位に出したりします。

 今回はサムネイルに関してですが、ではサムネイルはどういう場合に表示され、どんな役割を持っているのでしょうか。

 サムネイルは一言で言うと「動画の看板」です。例えばあなたが街中を歩いていて「お腹空いたな、何かお昼に食べたいな」と思ったとします。その場合、数あるお店の中でこのお店に入るかどうかというのをまずどこで判断しますでしょうか。そう、看板です。「中華料理 ランチ500円山盛りチャーハン定食」などの看板から、私たちはそのお店に入るか動画を決定しています。

 

 看板で「何を提供しているお店か それは美味しそうか」というのを判断している訳です。

 サムネイルも同じような効果を果たします。その動画が「何について発信している動画で、面白そうか?有益そうか?」という点を判断し、クリックするか動画を決めているのです。

 ここで重要な点は、サムネイルはお店で言うと入店、すなわち動画で言うと「クリック」をしてもらうための役割だという事です。それは、お店のメニューを書き出すことではありません。たまに、サムネイルに文字がたくさん詰まっていたり、動画の説明やタイトルをそのまま書いていたりしますが、それでは数あるサムネイルの中からクリックしてもらう事はできません。

 

サムネイルデザインのコツ

 では、効果的なサムネイルの戦略とデザインはどのようにすれば良いのでしょうか。

○YouTube Creator Academy(YouTube公式)

 

YouTubeはサムネイルに対してこのような公式発信をしております。

「サムネイルとタイトルはチャンネルの看板のようなもので、視聴者はこれらを手がかりにして動画を視聴するかどうかを決めます。サムネイルとタイトルをうまくデザインすると、より多くのファンをチャンネルに引き寄せることができます。また、どのような動画なのかが予測できるため、視聴者に動画を最後まで見てもらうことができます。そして、幅広い広告主にコンテンツをアピールできます」

 

◯効果的なサムネイルのポイント

・スマホでの視認性を優先する

・文字を詰め過ぎず主要な単語10文字以内を大きく目立たせる

・動画の説明やタイトルをそのまま書くのでは無くキャッチーな単語や主要なキーワードを倉田書く

・見にくいので画像やイラストの上に文字を入れ過ぎない

 

 

 

あなたの会社も、YouTubeでホームページの100倍集客しませんか?

  今更YouTubeなんて思っていませんか?ビジネス分野ではまだ圧倒的な先行者有利の市場です。ホームページやSNSの100倍以上の集客を上げるお客様が多数!今すぐYouTubeで集客を始めましょう。 今すぐYouTubeをスタートする

 

当サイトの管理人プロフィール

・ダニエル(YouTubeプロデューサー) 慶應SFC卒、元楽天MVP、(株)ダニエルズアーク代表取締役、「売れない時代にすぐ売る技術」著者 ・累計102万チャンネル登録のYouTubeチャンネル立ち上げ&プロデュース実績(30以上) ・YouTubeコンサルティング200チャンネル以上(プロデュース系 SEO1位獲得 2021年3月) ・自チャンネル月間200万円のビジネス売上