YouTubeノウハウ

YouTubeでは超高額商品は売れない、単価数千円〜20万円以内の商品を売ろう

適切な価格設定

 YouTubeでオンラインサロンやメンバーシップ、様々なバックエンド商品が売れるようだ!」と張り切っている方も多いかもしれませんが、視聴者へ提供する際の価格設定に関しては慎重に決めるべきです。

 

 特にビジネス系や情報発信系のチャンネルに共通して言えることですが、YouTubeからあなたの存在やあなたの会社の存在を知ってチャンネル登録などに至っている視聴者のほとんどは、YouTubeから「無料で情報を仕入れたい」「ライトな情報を仕入れたい」と思っているケースがほとんどだからです。要するに、そこまで本気でお金をかけて勉強をする媒体と捉えていないお客さんが多いのです。

 これが資格の学校や、大学試験の予備校で、ビジネス英語の学校等あればそうではありません。本人にとっては人生の死活問題なので、割と数十万〜100万円以上のお金を払ってでも勉強したい、そのための商品やサービスを購入したいと思う訳です。

 まず、YouTubeは空き時間などにサクッと無料で情報が知れたら良いなと思っている視聴者が多いという事は認識しておいてください。

 

20万以内がベスト

 例えば、YouTubeチャンネル経由のお客さんに20万円以上の商品を売るのは厳しい傾向にあります。

 もちろん、例外もありますが、一度もあなたと会った事がなく、YouTubeで不特定多数に向けて商品やサービスを売りたいと思った場合は、20万円以内に留めるのが良いでしょう。

 では、具体的なケースを見ていきます。YouTubeのバックエンド商品などではどういった価格設定にするべきなのでしょうか。オススメは単価数千円〜20万円以内にするのがベストです。例えば、月額のオンラインサロンの料金であれば980円〜4980円などの範囲に設定し、少し安めの印象を与えるのがオススメです。





 これがいきなりオンラインサロン月額1万円です、となると相当影響力のあるインフルエンサーや著名な社長などでなければ厳しくなってきます。

 また、単発のバックエンドの商品を売りたい場合も、3万円〜5万円以内に留めるのがオススメです。例えば、英語を教えるチャンネルを運営している個人や企業が、いきなり50万円の英語勉強のオンラインパッケージ商品を作っていくら動画で宣伝しても売れません。それは、チャンネル登録者数が数万〜数十万人であってもです。


 

あなたの会社も、YouTubeでホームページの100倍集客しませんか?

  今更YouTubeなんて思っていませんか?ビジネス分野ではまだ圧倒的な先行者有利の市場です。ホームページやSNSの100倍以上の集客を上げるお客様が多数!今すぐYouTubeで集客を始めましょう。 今すぐYouTubeをスタートする

 

当サイトの管理人プロフィール

・ダニエル(YouTubeプロデューサー) 慶應SFC卒、元楽天MVP、(株)ダニエルズアーク代表取締役、「売れない時代にすぐ売る技術」著者 ・累計102万チャンネル登録のYouTubeチャンネル立ち上げ&プロデュース実績(30以上) ・YouTubeコンサルティング200チャンネル以上(プロデュース系 SEO1位獲得 2021年3月) ・自チャンネル月間200万円のビジネス売上